ツキナミーズのテーマ

From Shioya - Kobe (From Ho Chi Minh改め) 淡々と綴り記す 日々の衣・食・住にまつわるあれやこれや

身体がほっと安心する極上のあったかインナー YARN NZのメリノウールウェア

f:id:tsukinamies:20201029213109j:plain

身体が自然にほっと安心感を覚えるものが好きです。
例えば、口にするとすぅっと自然に染み渡り身体の奥からもっとと欲するUf-fuの紅茶。
例えば、纏うとふわっとした優しさを感じるhumoresqueの服。
それから、肌に触れると包まれるような温かさを感じるハートのオーガニックプラスのガーゼケットなど。
そういうものに巡り会うととても嬉しい気持ちになります。

最近また一つ、そんな宝物に出会えました。

ウェブサイト『暮らしとおしゃれの編集室』に掲載されていた老舗寝具店石田屋さんの特集で店主の田中さんが愛用しているとして紹介されていた、YARN NZのメリノウールのインナー。

この方のもの選びのセンスがすごくいいなぁと真似したくなったのもありますが、その中でもYARN NZには何だか心惹かれるものがあり、さっそく冬に備えて"Tui" seriesという極細糸で編まれた薄い素材のロングスリーブとレギンスを選びました。

公式サイトから購入したのですが、素敵な植物のイラスト(植物のイラストは大好物!)のポストカード、NZの風景が印刷された薄い紙のポスターが一緒に送られてきました。YARNの世界観が伝わりより一層心捕まれました。ポストカードと同じ柄の包装紙も素敵で大切に取ってあります。

サイズ展開は1(S~M)と2(M~L)があり、私は身長166cmで普段Mサイズを選びますが、手首や足首の丈が十分欲しいなと思い両方とも2を選びました。

サイズ2だとロングスリーブはぴたっとし過ぎずインナー感が強すぎないため1枚で着ても様になり、10月末の今、昼間部屋ではこれ1枚で過ごしています。気温18~20度くらいでしょうか。
やや広めのクルーネック、まっ黒な色もシックで、身体が綺麗に見える気がして、着ていて気分良く過ごせます。
とても薄いので、インナーとして着るときも上に重ねる服の邪魔にならず、たくさん重ねなくてもあたたかいので薄着で過ごせる。

着心地のことが後になってしまいましたが、言うまでもなく素晴らしく快適です。今の季節だと温かさと程よい湿度を保ってくれる。袖を通すと何とも言えない安心感に包まれます。
洗濯してもすぐに乾くところも助かります。1枚ずつしかないので洗って乾いたらすぐに着たくなるほど。

レギンスも一度着たら脱ぎたくなくなる着心地の良さ。ウエストゴムが入っていないので締め付け感がなく程よいフィット感が快適です。長さは十分余裕があるのでこちらはサイズ1でも大丈夫そう(2でもokですが)。

とっても気に入ったのでもう一枚洗い替えを追加する日も近いと思いますが、同じTuiシリーズにするか、別のシリーズにするか、悩むところです。