ツキナミーズのテーマ

From Shioya - Kobe (From Ho Chi Minh改め) 淡々と綴り記す 日々の衣・食・住にまつわるあれやこれや

「ちょっとそこまで」服 それ程寒くない1月の昼間に出掛ける場合 自分ヴィンテージな45rpmの服

f:id:tsukinamies:20210106172900j:plain

1月初旬のぽかぽか日差しがある昼間に、日用品の買い物へ。

冬の「ちょっとそこまで」服。
最高気温10度、短時間の外出ならばコートは要らない。

先週末、家から2km離れた厄神さんへの散歩にも、この格好で出掛けました。
裾絞りのパンツにショート丈のアウターは軽快で、歩くのにもぴったりな格好。

最近よく着ている45rpmのウールパーカーは、予備校時代に母に買ってもらい通学で着ていたもの。ということは、もう20年前のもの!

当時45rpmが好きで、大学生になるとバイト代で少しずつ買い足し、通学にもよく着たものです。

マフラー代わりに首に巻いたのも45rpmのカーディガン。
これともう一枚のボルドー色のカーディガンは確かセールで買ったものだったと思うけれど(いかにもセールになりそうな微妙な色味)、もう着ないだろうと秋頃に「(処分候補の)一時検討袋」に入れたものの、寒くなって「やっぱり着るわ」と引っ張り出してきました。
微妙なグリーンブルーや小豆色のようなボルドーは、秋頃は気分に合わないと思ったのだけど、冬の光の下だと良い色に見えてきたのが不思議です。

今年の秋冬お買い物計画では「シンプルであったかい日常着セーター」を追加する予定でしたが、結局買わずに年を越しました(予定外のニットコートをヤフオクで買ったけれど)。

写っていないけれど、インナーにはR by 45rpmの黒のウールセーター、そのまたインナーにYARNのメリノウールウェアを。両方とも薄手で軽いけれど、重ねるとやっぱり保温性があります。

PROPPERのオリーブ色のカーゴパンツは、中にタイツやレギンスを履いてももたつかないし、生地の目が詰まっていて風を防いでくれるので、寒い冬も安心な最近のヘビロテパンツ。
裾絞りは足取りも軽快になるので好きです。

靴はいつものTrippen Flat
どこまでも歩ける相棒。18kmの「初詣ウォーク」にもこれを履いて行きました。


Outer: 45rpmウールパーカー
Sweater: R by 45rpm
Cardigan(マフラー代わり): 45rpm
Bottoms: PROPPERカーゴパンツ
Shoes: Trippen Flat
Bag: 革巾着