ツキナミーズのテーマ

淡々と綴り記す 日々の衣・食・住にまつわるあれやこれや

11月中旬の休日服 この秋冬頻出のワイドなコーデュロイパンツとハードな革ジャン

f:id:tsukinamies:20220103141852j:image

Leather jacket: golden thread Brill Bros

Knit: chiclin elbow patch washable wool c/n

Pants: humoresque wide pants corduroy

shoes: trippen cello

stole: itoi

shoulder bag: yes craft

 

少し前、街へ出かけるのによく着ていた休日服の記録を。

気温は最高14度最低8度ぐらい。

寒いことは寒いけれど本格的な冬にはまだもう少しというところ。

 

特に意識していなかったのだけど、気が付くと今年の秋冬は、humoresqueの黒のコーデュロイワイドパンツを手に取ることが多いです。

2020awのコレクションで、昨年購入したものですが、一年経って自分のワードローブに馴染み、仲良しになった気分。

 

合わせるのはクルーネックニット。

年間を通して袖の長短や素材は違えど、丸首ニットを着ている日がほとんどな気がします。

このくらいの気温だと、さらっとドライな肌触りのchiclinのエルボーパッチニットが暖かすぎずちょうど良いです。

夏もそうだったけれど、chiclinのニットは通勤着として着てもラフすぎないし、休日に着るにも堅苦しくないので、オンオフ兼用しています。

 

アウターは、ハードな革ジャンにトライ。

20代の頃に千葉の古着屋で買ったUSA製golden thread Brill Brosのダークブラウンの革ジャンは、しばらく実家に寝かせていたのを、そろそろ着ようかなと持ってきていたもの。

昨年は全く着なかったこの革ジャンも今年は出番が多いです。

先月美容室で前髪を眉くらいに揃えてもらい、革ジャンとの相性が良くなった(怖そうに見えない)気がします。

肩幅ががっしり見えがちなので、ワイドパンツだとバランス取りやすいです。