ツキナミーズのテーマ

From Shioya - Kobe (From Ho Chi Minh改め) 淡々と綴り記す 日々の衣・食・住にまつわるあれやこれや

7月の休日、期日前投票へ さらっと涼しく過ごせる夏の日常服その2

f:id:tsukinamies:20210717174742j:plain

Blouse: humoresque gather blouse silk
Knit: chiclin ホールガーメント強撚コットン半袖ニット
Pants: humoresque silk shirring pants
Shoes: trippen cello
Shoulder bag: Yes craft


前投稿につづき、最近はこればかり、な7月のヘビロテ休日服vol.2です。

今日は朝からクリニックへ。

その日着るものはたいていボトムスから決めます。
今日は2択※のうちもう一つの、humoresqueのsilk shirring pantsを手に取りました。

※前投稿のjersey skirtとshirring pantsの2枚。この夏を共に涼しく過ごす頼れる相棒たち。

合わせるトップスは、Tシャツと迷ったけど、結局また先週と同じchiclinの半袖ニットになりました。

このニットは通勤にも着ているのに、またですか、と自分に言いたくなるほど。

それから、日射し&冷房対策に、humoresque gather blouseを羽織って。

この組み合わせ、2週間前に区役所へ期日前投票に行った時と全く同じだわ。

休日を満喫できるリラックス感と、ピリッと引き締まる素材の上質さのバランスがちょうど良いかなと思って、よく着るコーディネートです。
リラックスするけれど、上品に見えるよう、所作には気を付けたくなる服というのか。

クリニックが終わるといつものコースで、Tea house MUSICAへ。
こないだは12時までのモーニングでワッフルセットだったから、今日はスコーンセットに。
ワッフルなら紅茶はデラックスダージリンだけど、スコーンだとプライドオブスリランカになる。
お茶を待っていたらベトナムからcallがあり、久しぶりの会話をして。

海を見ながら普通電車に揺られ、おいしいコロッケを買って家路についた、ピースフルな土曜日。

明日は県知事選挙開票日。

日本も西欧諸国や台湾、韓国のように国政選挙も地方選挙も、老若男女でもっと盛り上がるといいのにね。

7月上旬の休日、美容室へ さらりと涼しく上品に見える夏の日常服

f:id:tsukinamies:20210713080950j:plain

Knit : chiclinホールガーメント強撚コットン半袖ニット
Skirt: humoresque jersey skirt
Shoes: Trippen cello
Shoulder bag: Yes craft

先週末、美容室へ行った時の服装記録です。
気温は最低25度、最高32度。
夕方からのお出かけですが、西陽も射しているし、まだまだ蒸し暑い。

7月に入ってから、休日の外出用に選ぶボトムは二択で、一つは今年追加したhumoresqueのシルクシャーリングパンツと、もう一つは一昨年の夏に購入したhumoresqueの19ssのjersey skirt。

共通点は、どちらもウエストゴムの気楽さで、さらりと涼しく、上品に見えること。
便利なことこの上無しな頼れる相棒たちです。

続きを読む

晴れ靴と雨靴 晴れても履きたい Palladiumの防水シューズを追加

f:id:tsukinamies:20210620171634j:plain

梅雨も半ばですが、雨の日用の靴を追加しました。

Palladium pampa ox paddle lite WP+
ブラック/ブラック

ユニセックスとレディースなど近いサイズを3足試着させてもらい、一番フィットするサイズを選べました。
最近は着るものなんかもネットで買うことがほとんどですが、靴はやはり試着できると安心です。

坂が多い土地に住んでいるため、足に合っていて負担のかからないことが必須です。

雨の日用のパラディウムと、晴れの日用のスペルガを並べてみました。両方通勤用です。

この二つのブランドのスニーカーは、モデル違い色違いを買い替えながら、何年も私のワードローブに居続ける頼もしい定番です。

新しく加わったpaddle lite WP+は、アッパーもソールもブラックでシックな見た目なので、黒の革靴を合わせる代わりに履いたりもできそうだし、吸汗速乾性もあり軽量なので普通の黒のスニーカーとして雨の日以外にも出番がありそうです。

6月から7月にかけての通勤服 さらっと軽やかなニットとふわ軽パンツ

f:id:tsukinamies:20210620155224j:plain

Left: chiclinコットン強撚半袖ニット、45R高密度チノ908パンツ
Right: SLONE 30Gコットン長袖ニット、chiclin綿麻イージーステラパンツ

2週間ほど前に腰を傷め、腰痛ベルトを巻いて出勤した日があり、それまで着ていたバナリパの細身パンツがベルトの厚みで入らなくて、暑い季節用にと購入していたchiclinのグレーの綿麻イージーステラパンツを予定より早く下ろすことになりました。

次の日から腰痛は治ったのだけど、夏向きのゆったりした軽い素材のゴムパンツがあまりに着心地良く、冬からずっと穿いてきたバナリパのパンツもそろそろ飽きてきたし、こっちに切り替えようと。

続きを読む

2021年5月中旬から夏前までの通勤服計画 ジャケットと足元を夏仕様に

f:id:tsukinamies:20210509184821j:plain

Jacket: humoresque jacket
Knit: SLOANE 30gコットンスーパーハイゲージクルーネック
Slacks: Banana Repuclic avery ウールxポリエステル
Sneaker: Superga 2959 wave cotu
Backpack: Harvest Label Business lines 2way ruck

一つ前の投稿と同じように見えるけれど、印象が少し軽くなったかしら。
夏に向けてのコーディネートということで白の分量が増えています。

4月から通勤時に羽織っているhumoresqueのウールコットンのジャケットは2枚仕立てで、そろそろ暑くなってきそうなので、夏まで着られる薄手の羽織を用意しておこうと、数週間あれこれ考えた結果、やっぱり信頼の置ける気に入ったものを長く大切に着たいよね、ということで、お値段は張るけれど同じhumoresqueの綿麻の一枚仕立てのジャケットを選ぶことにしました。
白と黒の二色あるけれど(色でまた数日迷いました)、黒JK x 黒PTのサラリーマン配色にならないよう、夏用は爽やかな白に。
グレーがかったようなニュアンスの白です。

続きを読む

2021年5月初旬時点の通勤服 「毎日ほぼ同じ」居心地の良い私的ミニマムワードローブ

f:id:tsukinamies:20210509162837j:plain

Jacket: humoresque long jacket
Knit: SLOANE 30gコットンスーパーハイゲージクルーネック
T shirts: SLOANE 60/2コットン天竺uv
Slacks: Banana repuclic avery ウールxポリエステル
Sneaker: Superga 2630 cotu
Backpack: Harvest label business lines 2way ruck

2021年5月初旬時点の通勤服を記録しておきます。

前回3月初め時点の投稿から2ヶ月経ちました。<3月初旬の通勤服>
themeoftsukinamies.hatenablog.com

売り場での研修が終わり、今の職場は小売店の倉庫。事務の他ピッキングや梱包出荷もするので動きやすい服装で。
たまに売り場にも出るので、清潔感をキープした目立たない格好、かつ通勤時や職場で自分が気後れしない「居心地の良い」服装を心掛けています。

コートが要らなくなったので、ここ最近は毎日humoresqueのウールxコットン素材のジャケットを羽織って行っています。
元々は通勤服として購入したものではなく、秋頃は休日にデニムと合わせて着ていたのですが、今ではすっかり通勤着になってしまいました。

ボトムが黒のウールスラックスで、紺のビジネスリュックを背負っているので、そのへんの通勤サラリーマンと同化しているかも。

続きを読む

春はアンダーウェアも明るい色に Sloggiゼロフィールのブラレット& YARN NZのアンダーショーツ 下着に求めるバランス感は人それぞれ

f:id:tsukinamies:20210423153030j:plain

ここ最近のアンダーウェアについて。

ブラは1年ほど前からSloggi/スロギーゼロフィールのブラレットを使っていて、着け心地の快適さ、見た目、お手入れのラクさ、どれをとっても満足しています。
ストラップの短いタイプも出ていますが、私のはスタンダードタイプ。

themeoftsukinamies.hatenablog.com

秋冬には、なんとなく気分でペールブルーやミント色を奥へやり、ブラックやパープルばかりを着用してましたが、気温が上がり暖かくなると、不思議なものでインナーの色も変えたくなり、今度は逆にペールブルー、ミントを出してきてパープルをしまいました。
ブラックとライトグレーは季節を問わず使いたくなる色で、秋冬から継続して登板です。

続きを読む