ツキナミーズのテーマ

淡々と綴り記す 日々の衣・食・住にまつわるあれやこれや

休日の朝食 なんてことない日の記録もいいじゃない


f:id:tsukinamies:20230105162834j:image

今日は1月5日。

正月休みの最終日です。

 

特に予定はなく、朝からセーターを洗濯したり、気になる本を読んだり、だらだらと寝転んだり普通の休日を過ごしています。

 

今日の朝食の記録を。

 

パラダイス&ランチの葡萄のためのライ麦パン、味取のクルミ食パン(最近のハマリモノ!)、富田屋のハッピーコーヒーに入っていたアンデスコンドル2022、さくら卵のスクランブルエッグに能勢の粗挽きソーセージ、カスピ海ヨーグルトには小さじの青レモンジャムと近所に生っていたキウイで手作りしたという貰い物のキウイジャム、青森のりんご、おばあちゃん家の柿、もらったデコポン

 

いつもの朝食だけど、好きなものが詰まっているベストセレクションです。

 

arne25号を見ていたら松浦弥太郎さんのBOOKという連載欄で、写真家Jennifer Causeyさんの『Simply Breakfast』という朝食スナップの写真集が紹介されていました。

古本が出回っていないかなと検索していると、本人のブログにたどり着きました。

http://simplybreakfast.blogspot.com/?m=1

 

いい感じのスナップに簡単な文章が添えてある。

こんな写真を自分も撮って載せたいなと。 

 

服装とか、書く文章もそうだけど、こんなふうにしたいと思い描くイメージを実践するのはなかなかむずかしい。

なんか中途半端になるというか。

まぁこれくらいでいいやと流してしまうこだわりの無さ、詰めの甘さのせいなのか…。

 

松浦弥太郎さん曰く「休みの日など、急ぐ必要がない朝食のひとときほどしあわせなものはない。昼まで朝食を食べていたい」。

うんうんそれすごくわかります。

 

Jennifer Causeyさんのインスタも見たけれど、商業的というか眩し過ぎてそちらはあんまり好みではありませんでした。

 

年の瀬の定点観測2022 ワードローブを眺めて今年一年に着たものを振り返る


f:id:tsukinamies:20221227074729j:image


またこの時期が巡ってきました。

恒例の「年の瀬ワードローブ定点観測※」も4度目になります。

※ワードローブの正面一軍コーナーを年の瀬迫るある日にパシャリと撮影して、今年一年着たものを振り返る個人的行事です。

また昨年と同じ角度から撮影しました。 

 

一年前の投稿とも比較しながら。

themeoftsukinamies.hatenablog.com

 

色味的には昨年と変わらず白/黒/灰/紺/茶/ベージュなど落ち着く色味ばかりです。

 

ワードローブを眺めながら2022年の春から冬まで着たものを振り返ってみます。

 

まずは通勤服から。

 

6月に転職しましたが、結局着るものはほとんど変わりませんでした。

春夏はchiclinのパンツ(ワイドな綿麻ギャザーステラとコットンギャザースリム)に、春ならsloaneの長袖コットンニット、夏になるとchiclinの半袖ニットにカーディガンを合わせました。

秋冬はchicinの春夏と素材違いの同型パンツ(厚手コットンのギャザーステラとウールフラノのギャザースリ厶)にchiclinのウールカシミヤニット。

制服のように毎日同じような格好で通勤しました。

冬のアウターは今年ヤフオクで購入したchiclinのウールモヘアツイードバックタックコートを毎日着ています。ビッグシルエットでもドロップショルダーでもコクーンでもない膝丈丸襟のステンカラーが気分に合っています。ジャケットのように軽く、インナーを調整すれば真冬にも耐えられる大変便利なアウターです。

昨年は母から譲り受けたYves Saint Laurentのコートを着ていましたが、昨年毎日のように着すぎて飽きたのか今年はお休み、全く袖を通していません。

通勤の靴は今年もonのスニーカーcloudです。オールブラックとグレーを交互に履いていましたが、冬になるとグレーがしっくりこなくなってtrippenの革靴beutelに変えました。

 

休日服はと言うと…

3月に春夏の衣服計画というタイトルで投稿していたので、見てみました。

themeoftsukinamies.hatenablog.com

 

そうそう、春先は45Rのデニムにhumoresqueのニットコートを多用していました。

humoresqueのワッフルベストは温度調整に便利なので、季節の変わり目に重宝しました。

やっぱり一番落ち着く基本のコーディネートは、humoresqueのウールコットンのジャケットとシルクブラウスに45Rのデニムでした。

 

夏前に購入したunefig.のシルクワイドパンツが今のライフスタイルにちょうどよくはまったのか本当に便利で、この夏中ちょっと近所から街へのお出かけや一泊旅行にもと、よく手に取りました。

合わせるトップスはhumoresqueのギャザーブラウスやプレーンブラウス。お陰で暑い夏も涼しく気分良く過ごせました。

saquiのall in oneは初めの頃はそわそわしましたが、かしこまりすぎずきれいなのでとっても便利に使えて夏から秋にかけてよく手に取りました。

 

秋に追加したホワイトジーンズが爽やかで、白いブラウスとのホワイトコーデがお気に入りになりました。

夏から秋にかけてよく手に取ったのがhumoresqueの水色のコットンタイプライターのギャザーブラウス。humoresqueの黒のコーデュロイワイドパンツと合わせるのが定番でした。

春に着ていた白のニットコートは秋にも。羽織って歩くと裾がバウンドして愉快な気分になる服です。

そして12月の年末現在、よく手に取るのは45Rのデニムにchiclinのウールカシミヤニット、アウターはhumoresqueの黒のスタンドカラーコートの組み合わせです。上品な生地感のロングコートですがフード付きなのでカジュアルな要素もあり、気負わず頼れる冬の相棒です。

 

まとめると、通勤はchiclinに、休日はhumoresqueの服に頼りっぱなしのワードローブです…。

 

夏の終わり頃から着物の着付けを習い始めて、なんとか着られるようになったので、これから少しずつお気に入りの着物や帯、小物を揃えていくつもりです。着物の好みも洋服と似ていて渋くてシックなものに惹かれます。

沢山は要らないので、あれもこれもと増えすぎないように吟味して…。装うことの楽しみが広がったのが何よりの収穫です。

 

 

休日の朝食 コーヒーとパンと秋の果物 心が緩む気持ちの良い朝


f:id:tsukinamies:20221106091227j:image

 

日曜日の朝。

朝食シリーズを時々記録しておこうと、写真に収めるのまでするのだけど、なかなか文章に取り掛かるところまで行かず、半年ほど空いてしまいました。

 

秋晴れの気持ちの良い朝です。

先週は木曜日が祝日だったし、土日は連休だし忙しくないはずなのに、何をするにも気持ちばかり急か急かしてしまい、なかなかふぅーっと落ち着くことがありません。

 

朝食の前に洗濯機を回すのですが、食事中に終了の通知がピーピーと鳴れば立ち上がって洗濯物を干し、ついでに布団も、ベランダの植物に水やりも、と目に入ったものから片付けようとする始末。

 

さて気を取り直して、今日の朝食のパンは味取/みどりのカンパーニュ、パラダイス&ランチのスコーン。

コーヒーは富田屋の夕映えに輝いて(グアテマラ)。

モンベルの調理パンで焼いたのは、スクランブルエッグと能勢の粗挽きウインナー。

カスピ海ヨーグルトに、ひらさわ農園の紅玉、上ノ原農園のラ・フランス、富有柿。

パンとフルーツの量を盛りすぎて、お腹いっぱいです。

 

朝食のお供は、幸田文『きもの帖』。

小気味よい文章のエッセイ集は、眉間にしわを作らずさらさら読めます。

8月末から毎週日曜日に着付けのお稽古に通っているので、このごろは着物関係の本を借りたり買ったりでよく読みます。

さっぱりとした洋服感覚の着物を何気なく着て、あらお着物お召だったの?ぐらいの目立たなさできれいに着て出掛けたい。

 

土曜日は貸し農園での畑仕事だったり、昨日はベランダのバラの植え替えをしましたが、日曜日に着物を着ると、休日に洋服を着る機会が減りました。

とは言え着物にどっぷりというわけでもなく、洋服の秋冬物も気になります。どちらも、では予算オーバーするので、今月は和服、来月は洋服、これは和洋共用、などと独り言を呟きながら悩みの渦の中です。

2021年10月中旬の通勤服 前投稿の答え合わせ


f:id:tsukinamies:20221016232059j:image

 

 L. SLOANE14Gコットンクルーネックセーター|black+chiclin起毛コットンゴムステラパンツ|beige

 R: SLOANE14Gコットンクルーネックセーター|navy/無印洗えるウールシルククルーネックセーター|gray+chiclin起毛コットンゴムステラパンツ|black

 

10月中旬時点の通勤服の記録を。

今の気候は秋らしく寒暖差があり最高25度最低16度くらい。

 

約1ヶ月前(!)の投稿で、この秋に着る通勤服をどう揃えようか計画を練っていました。

 

↓全投稿です。

themeoftsukinamies.hatenablog.com

 

続きを読む

2022年秋の衣服計画・通勤服編 定番化しているニットとパンツ


f:id:tsukinamies:20220911220458j:image

昨日入った喫茶店で。

「夏が過ぎ風あざみ…」と聞こえてきて、

あぁ、井上陽水の曲。

そんな季節だなぁ…

その時思い出せなかった曲名は『少年時代』でした。

 

秋冬の立ち上がり、涼しくなる前に、秋に着る通勤服の計画を。

本格的な秋冬に入ってからでは、売り切れて買い逃すかもしれないので、早めに。

続きを読む

8月中旬の休日服 背筋の伸びるsaquiのオールインワンで美容室へ


f:id:tsukinamies:20220815000608j:image


all-in-one: saqui

shoulder bag: amiacalva

shoes: trippen flat

 

月一の美容室、今月の予約はちょうどお盆期間中に当たりました。

 

まだまだ暑い夏真っ盛り。気温は最高34度、最低28度。

 

こんな日には、少し前に中古で購入したsaquiの綿麻のオールインワンがぴったりじゃない!と手に取りました。

外に着ていくのはこれが初めてなので、最初はそわそわ。

 

このオールインワン、ウエストまわりに細かくダーツが入っていてパターンがとてもきれい。

特に背中からヒップにかけての、締め付けないけれど緊張感を保たせてくれる程よいラインが美しく、姿勢を崩すとこのきれいなラインも崩れてしまうので、自然と肩が開き肩甲骨は真ん中に寄って、呼吸のしやすい姿勢をキープできます。

続きを読む

真夏の一泊旅で着たもの 旅でも普段と変わらない装いで


f:id:tsukinamies:20220814123651j:image

tops:

    plain blouse/cotton silk : humoresque (1st day)

    gather blouse/silk : humoresque (2nd day)

long pants/silk: unefig.

shoes: trippen cello

backpack, shoulder bag: amiacalva

 

7月下旬の週末、所用があり岡山・鳥取方面へ一泊旅に出掛けました。

 

久しぶりの宿泊を伴う遠出。

最近は旅行の機会も減り、トラベル用の洗面用具を常備していないので、えーっと何が要るかな…と、揃えるのに少しもたもたしました。

 

着るものは普段街に出る服装と変わりなく、この時期にいつも着ている組み合わせで。

この夏いちばんよく手に取るunefig.のネイビーのlong pantsに、トップスは2日とも白のブラウスです。

着替えはリネンの巾着袋へ入れて荷造りします。

続きを読む