ツキナミーズのテーマ

From Shioya - Kobe (From Ho Chi Minh改め) 淡々と綴り記す 日々の衣・食・住にまつわるあれやこれや

2019年秋の一時帰国で着たもの持って行ったもの Vol.1 飛行機移動の日はラクさを重視かつ崩しすぎず

f:id:tsukinamies:20191103110114j:plain

10月の後半に1週間、一時帰国しました。毎年思うけれど、この時期の日本はぶらりと散歩に出るのにちょうど良い、とっても快適な気候でした。

帰国前に、滞在中に着る服のコーディネートを1週間分ざっくり考えた上で持って帰るものを決めましたが、雨に降られたり、その時の気分などで、やっぱり予定とは少し変わりました。

私は普段、常夏の土地に住んでいるため、秋冬~春先用の服の総数はとても少なく、必要最小限しか持っていません。そんな手持ちの中から、向こうの気温に合った快適に過ごせるだろうと思われる服をあれこれ、なんとか組み立てます。

一応、試行錯誤した末の結果ということで、後々役に立つこともあろうかと思い、帰国時や旅先で着たもの持って行ったものを記録することにしています。今回はvol.1~4まであります。


Vol.1 飛行機移動の日


飛行機で移動する日は、なるべく締め付けないラクな服を着たいものです。とはいえ公共交通機関に乗るのであんまり崩し過ぎないように気を付けて。

前回お盆の帰国で着たロングスカートが空の旅になかなか良いなと思ったので、今回も採用することに。
Humoresqueのジャージースカートは、夏の暑い時期に快適に過ごせるようにと購入したものですが、ふわふわしない、やや重さのあるコットン素材なので、秋口に着ても違和感が無いかと思い、行きと帰りの移動日に着るものとして選びました。

温度調節ができるよう、HandvearkのTシャツの上に無印の軽~いウインドブレーカーを羽織って。無印のマットな黒はやっぱり使いやすい。

機内持ち込み荷物はエルベのリュックへ。今回使わなかったけれど、ストールも入れていきました。


Outer:  無印ウインドブレーカー
Tops:  Hanvearkクルーネック長袖Tシャツ
Bottoms:  Humoresque jersey skirt
Shoes:  トリッペン Flat
Socks:  福助
Bag : エルベシャプリエ978N