ツキナミーズのテーマ

From Shioya - Kobe (From Ho Chi Minh改め) 淡々と綴り記す 日々の衣・食・住にまつわるあれやこれや

2021年3月初旬時点の通勤服 私的定番の無印ニットとバナリパパンツ 「印象に残らないけどなんだか感じがいい」がコンセプト

f:id:tsukinamies:20210307161642j:plain

先月中旬から数ヵ月ぶりに働きに出ることになり、以前とは気候も通勤手段も、職種も違うので、さて何を着て行こうかしらと、しばし試行錯誤したのち、必要なものを追加していって、「これが定番」というのができてきたので、現時点での通勤服を記録しておきます。

まずは、ボトムスから。
小売業で研修期間中は販売職なので、勤務時は黒パンツ指定です。
始業前に着替えてもいいのだけど、面倒なので今のところ通勤と兼用しています。
以前から仕事着の定番として使っていたバナナ・リパブリックで、ウール50%xポリエステル48%(スパンデックス2%=若干ストレッチ)素材のAveryを選びました。
バナリパの信頼できるところは、そこそこの価格で、生地が安っぽく見えず、耐久性があるところ。
腰回りの女性的なカーブとすっきりしたテーパードがきれいな、好みのシルエットです。
洗濯機で洗えてすぐ乾き、アイロン要らずでセンタープレスも形状記憶という、とても便利な頼れるパンツ。

トップスは、これも以前から気に入っている無印の洗えるウールシルクシリーズの、クルーネックセーター。
色はグレー、サイズはL。無印だといつもはMだけど、MとLを試着したところ、Lでも大きすぎず着丈や袖丈が好みだったのでLに。
ニットの裾をウエストインしてベルトを締めると、クルーネックの詰まり具合と相まって、格好良くまとまり気に入っています。
こちらも洗濯機可で、乾きが早く助かります。

足元は、カーキ色のスペルガのスニーカー。わりと動く作業が多かったり、往復歩く距離(最寄駅まで片道25分!)と雨の心配もあり、手持ちの靴から適当なものを。
より歩くのに疲れない靴に変えたい気もするし、今は勤務中と兼用しているけれど、履き替えることも検討。

それから、裏地のないパンツだとこの時期まだ寒いので、中にTabioの250デニール3x1リブタイツを履いています。
このタイツは本当に丈夫で暖かくて、厚手でもリブがすっきり見せてくれる、寒い時期には手放せないタイツです。
きれいめな印象のウールスラックスとキャンバススニーカーとのギャップをうまく繋いでくれているような気がします。

鞄はエルベシャプリエのリュック978Nを使っています。
以前から持っていたものですが、通勤用として使うのは初めて。
歩く距離が長く急な坂道もあるので、リュックが便利ですが、たまに持ち歩くA4書類がきれいに収まらないのと、荷物が少ないと中身が動いてしまうので、四角くてポケットの多いタイプのリュックに変えたいと思う時もあります。こちらも要検討事項。

まだまだ寒いので、アウターとして前々投稿でupしているYSLのチャコールブラウンのフードコートを着ています。

Bestとは言えないけれど、今のところ定番にしている通勤服はこんな感じ。

まだ上下1セットしか揃えていなくて、2~3日連勤なので洗濯して回していますが、来週から担当業務が変わり店頭には立たなくなるので、同じものを揃えるか、違うのにするか検討する必要がありそう。
また続編にて。

Tops: 無印洗えるウールシルククルーネックセーター
Pants: Banana Republic Avery ウォッシャブルイタリアンウール混
Belt: 無印ヌメ革長さを調整できるベルト
Shoes: Superga 2630 cotu
Socks: Tabio 250デニール3x1リブタイツ
Daypack: Herve Chapelier 978N